impressions

私の使用感、レビュー、口コミ、効果など。

フコイダン

食事も薬もとれないほど衰弱しきった体が手術を受けられるまでに回復、5cmの腫瘍は5mmに縮小

投稿日:2016年9月24日 更新日:

2年前の7月、咽頭がんが見つかりました。そのときにはすでにステージ4まで進行していて、リンパ節への転移も認められました。前年の12月ごろからのどの調子はよくなかったのですが、近所の内科や耳鼻咽喉科では原因がわからず、放置していたのが大きな原因です。

ステージ4では放射線治療は行えません。私はもともと不整脈を主症状とする心房柵動という病気を患っていましたから、抗がん剤治療もできません。

残る方法は手術しかないのですが、手術でがんを取り除くとなると、声帯も一緒に取らなければならなくなります。声帯を取るということは、声が出なくなるということ。そう思うとなかなか気持ちが固まらず、手術に踏み切ることができませんでした。しかし、決断を先送りにしたせいで体は弱っていき、ついには手術すら受けられないほど衰弱してしまったのです。

そんな中、妻が見つけてくれたのがフコイダンでした。当時の私は食事どころか薬も飲めないほど弱っていましたが、150mlの量を1日2同とるようにしたところ、みるみる体調が改善したのです。

上質なフコイダン 全分子フコイダンエキス
https://fucoidan-guide.net/%e4%b8%8a%e8%b3%aa%e3%81%ae%e3%83%95%e3%82%b3%e3%82%a4%e3%83%80%e3%83%b3

1ヶ月後には手術ができるほどにまで回復。私はこの奇跡的な状況を逃してはいけないと、手術に挑むことを決心しました。

がんを告知された段階では、腫瘍は5cmんもあり、周辺の筋肉や骨にまで転移していたのですが、いざ手術してみると腫瘍は5mmにまで小さくなっていたそうです。担当医は「おかげで患部にがん細胞を残すことなく、きれいに切除できた」と、言っていました。
現在も1日100ml程度フコイダンを摂取しています。

-フコイダン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

フコイダン

10cm以上あったステージ4の肺の腫瘍がわずか1ヶ月で半分以下に

左肺にできた腫瘍は10×7.5cmと広範囲にわたり、ステージ4の肺腺がんと診断されました。肺腺がんは、肺がんの60%程度を占めていて、初期のころは症状が出ないため、発見が遅れがちです。 肺がんについて …

フコイダン

フコイダンで腫瘍マーカーが正常になり右肺の6cm大の腫瘍が消失

6年前の春、肺がんであることを告知されたときには、腫瘍はcm大もあり、落ち込みました。一体どうなってしまうのだろう?と目の前が真っ白になりました。 その後、主治医と話し合いの結果、抗がん剤治療を行うこ …

フコイダン

フコイダンで8cmもあった腫瘍が縮小し、手術を受けられるように調整

卵巣がんが見つかったのは私が52才のときのことです。腫瘍が8cmもあり、すぐに手術を行うことになりましたが、いざ開腹してみると内臓への転移も見つかりました。 手術の続行は不可能だと判断された私のお腹は …

フコイダン

フコイダンのぬるぬる成分を吸収しやすい成分にしたら抗ガン効果が増加

マウス実験では生存日数の増加も確認 海藻類は、健康にいい食材として知られていますが、中でももずくなど茶褐色をした褐藻類に含まれるぬるぬる成分「フコイダン」は、がんを防ぐ働きがあるとして近年注目を集めて …

フコイダン

フコイダンの使用感、ガンへの効能・効果など一覧

フコイダンは、水溶性食物繊維(粘質多糖類)の一種で海藻独特のぬめりを持っています。20世紀のはじめ頃に昆布のぬめり成分のひとつとして発見され、20世紀の終わり頃には日本癌学会で、昆布に含まれるフコイダ …