impressions

私の使用感、レビュー、口コミ、効果など。

八酵麗茶

合併症症状にも悩まされた糖尿病が「八酵麗茶」で改善、ヘモグロビンA1Cも体重も減少

投稿日:

体がすっかり軽くなって身軽になった

一昨年年の4月、私は約3週間ほど入院をしました。ヘモグロビンA1Cが11.2% に急上昇し、主治医から入院を勧められたのですヘモグロビンA1Cの正常値は6.5%ですから私も10%以上の数値を見て心配になりました。

糖尿病の入院治療は、これが三度日。しかも、今回は「合併症の危険性もある」と警告され、非常にショックでした。私は食欲に波があり、食欲が高まるとどうしても自分でコントロールができなくなってしまいます。

深夜にご飯を食べたり、問食が増えたりするので、当然、体重も増えます。体が垂だるくて、家事をする気力すらわきません。体を動かさないのにドカ食いし、数値が上がるという循環をくり返していました。

入院治療は精神的にも金銭的にも負担が大きいので、「もう二度と入院したくない」と考えていました。そんな私にテンペ菌発酵の野草茶「八酵麗茶」を勧めてくれたのは、夫です。

私が入院中、健康雑誌で「テンペ菌発酵の野草茶を飲んで血糖値や体重が落ちた」という記事を読み、私のために取り寄せてくれたのです。

さっそく退院直後から、このお茶を食前に400cc飲む生活習慣を自分で組み込むことにしました。同時に食習慣の改善も行いました。

ご飯を茶わん5~7分目に減らし、野菜や納豆、メカプなど海藻類を積極的に食べるようにしたのです。そうした努力の甲斐もあり、数値はどんどん改善されていきました。

5月の退院時は8.6 % あったヘモグロビンA1Cが、7月には7.5%、8月には7.1% 、9月には6.3%と、順調に下がっていったのです。

現在は、5.7%と、すっかり正常範囲内に収まりました。血糖値は自宅で毎日測っていますが、最近は90mg/dl前後で安定しています。体重も順調にトントン拍子に落ちて、いちばん太っていたころに比べてなんと10kg以上もの減量に成功。

今ではすっかり体が軽くなり、以前と同じように家事をしたり、出かけたりと、積極的に動くようになりました。現在はインスリン注射を打っていますが、今の良好な数値を維持できれば、インスリン注射を卒業できる日もそう遠くはない、と思っています。

主食のご飯を減らして野菜をたくさん食べるにようになったあたりから血糖値やヘモグロビンA1Cがかなり下がったので、やっぱり糖尿病には食習慣の改善が重要なんだと思います。ある程度、きちんとした食習慣になれば、たまに食べ過ぎてもそれほど影響はないように思います。

-八酵麗茶
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

八酵麗茶

糖尿病の症状を軽減、改善するテンペ菌発酵茶「八酵麗茶」

糖分でドロドロになった血液が血管を傷つけてしまう 通常は、食事を取ると、血糖値は一時的に上がりますが、やがて下がります。これは、膵臓で作られるインスリンというホルモンの作用で、血液中のブドウ糖が細胞内 …

八酵麗茶

八酵麗茶で飲み続けたら血糖値もヘモグロビンA1Cも順調に下がり薬も中止できた

思った以上に効果がすぐにあらわれた 私の糖尿病が発覚したのは、5年前の夏のことでした。毎晩足がつったり、のどが異常に渇いたりと、「最近どうも体調がおかしい」と感じることが増えました。ちょっとした体調不 …

八酵麗茶

低血糖で救急搬送されたけれどテンペ菌発酵茶の八酵麗茶で血糖値が安定した

糖尿病特有の喉の渇きも改善した 私が糖尿病と診断されたのは、40代に入ってすぐのことでした。1週間足らずで5kgも体重が落ち、異常にのどが渇くようになったので、おかしいと思い病院で検査を受けたところ、 …

八酵麗茶

70歳を過ぎて急激に血糖値が悪化、テンペ菌発酵茶の八酵麗茶で短期間で数値が改善

ほぼ正常値にまで改善 私は糖尿病を抱えながらも、60代後半ばまでは、問題なく血糖コントロールできていました。ところが、70歳になる頃になると、検査で、急激に数値が悪化。ヘモグロビンA1Cが8.5 %( …

八酵麗茶

テンペ菌発酵茶の八酵麗茶でヘモグロビンA1Cや血糖値を下げることに成功した人の体験談

インスリンでも改善しなかった高血糖がテンペ菌発酵茶「八酵麗茶」で正常値にまで 糖尿病で症状が悪化すると、必ずインスリンの注射を行うようになりますが、低血糖になってしまう場合、思ったように数値が下がらな …