入眠3時間後に成長ホルモンの分泌がピークになる

睡眠中

睡眠中

眠りはじめの3時間が深い眠りの時間帯

朝、心身共にすっきり爽快に目覚めるのは、どんなときでしょうか?よく眠れたときや疲れがとれて体が軽く感じるときではないでしょうか?
「よく眠れた!」という満足感。気持ちよく目覚められる朝は、1日中ごきげんに過ごすことが出来たりします。

目覚めのいい朝の頻度を上げるために知っておきたい重要なポイントが「眠ってからの3時間が全体の睡眠時間にとってとても重要な時間帯であるということです。

人の眠りは約90分の周期で「深い眠り、浅い眠り」を繰り返します。その1周期日と2周期日、つまり最初の3 時間がもっとも深いレベルの眠りに達するタイミングで、日中の疲れをいやしたり、脳を休ませたりする大切な時間帯なのです。
夜10時~2時は肌のゴールデンタイムともいわれており、この時間帯に人眠後3時間のピークが重なるのが理想ですから遅くても10時に床に就くようにするとぴちぴちの肌を保つことができます。美容に関心のある女性はこのポイントを抑えると肌のお手入れがとても楽になるということです。

老化を防ぐ若返りホルモンを分泌させる時間帯

女性にとって気になる「成長ホルモン」は寝入りばなの熟眠時にまとめて分泌されます。
眠りに就いて3時間目に訪れる深い眠りのときに、細胞の傷んだ部分を修復する「成長ホルモン」が、たくさん分泌されます。ここで深い睡眠に入っていると、心地よく目覚め、脳と体の疲れがスッキリ解消します。
俗に言う、質の高い眠りが実現します。

成長ホルモンは成長期にもっとも多く分泌され、筋肉や骨、脳の細胞を増やします。昔から寝る子は育つといいますがこれがその理由です。成長ホルモンの分泌ピークは18~20 歳で、30歳~急減し、40歳では20歳の約半分以下まで激減します。30~40歳ぐらいの年齢になると、化粧ののりが悪くなったり、いつの間にか出来てしまった指先の傷の完治に時間がかかったりします。

この成長ホルモンが分泌される時間帯に夜更かしをしていたり、眠りが浅いとこの成長ホルモンが正常に分泌されません。睡眠時間を確保できなかった際に翌朝、肌がボロボロの状態になるのはこのためです。皮膚の表皮細胞が十分に再生できないために肌ががさがさに荒れてしまうということです。

肌荒れ程度ですめばいいのですが、実は体脂肪も増えて太りやすくなるのです。糖尿病になってしまった患者さんの2~3割は仕事が忙しかったり、夜勤などで睡眠時間が十分に確保できなかったことが原因として考えられています。睡眠時間が少ないと代謝にも影響してくるということです。

逆に特別ダイエットをしていないし、割と食べる人でスレンダーな人は睡眠時間をしっかり確保できている人です。赤ちゃんが産まれてから太ってしまう人が多いのは、就寝時間が遅くなる上に睡眠時間が少ないからだという統計データもあります。

飲んだその日からぐっすり!「快眠ぐっすり酵素」セロトアルファの実力

年齢を重ねるほど睡眠時間は重要なのに、年をとるごとに睡眠時間が短くなってしまうのは現代人の生活習慣の特徴でもあります。
疲れを感じたら特に睡眠時間をしっかり確保するようにすべきでしょう。

成長ホルモンは、睡眠が深ければ探いほど分泌量も増えますから、できるだけ快眠のために生活習慣を変えたり快眠の条件となることは実践するようにします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] ちなみに眠り初めて3時間で成長ホルモンのピークに達します。老化を防ぐ若返りホルモンを分泌させる時間帯です。睡眠もとても大事な要素です。 どうしても寝付が悪いなどはこちら […]

  2. […] と体脂肪が燃焼される」と言い切るのは難しいのが実状です。たしかに、寝ているときは成長ホルモンが分泌される格好の時間帯です。 入眠3時間後に成長ホルモンの分泌がピークになる […]

  3. […] 眠が不足すると、脳組織中に有害な物質が増えるからであるといわれている。睡眠中に成長ホルモンが分泌されることもわかってきた。 入眠3時間後に成長ホルモンの分泌がピークになる […]

  4. […] 入眠3時間後に成長ホルモンの分泌がピークになる 実は、血管も睡眠中に修復されているのです。 […]

  5. […] 入眠3時間後に成長ホルモンの分泌がピークになる 「寝る子は育つ」というのは真実です。 […]