女性のうつ病

女性のうつ病のメカニズムと予防・克服のための情報

症例(産後うつ)

うつ病の症例12出産後、気分が落ち込む(マタニティーブルー)はヌーススピリッツ

投稿日:

出産後、憂うつな気持ちになることを「マタニティーブルー」といいます。これは、非常によくみられる症状で、不安や疲労感が強くイライラしたり、ちょっとしたことで涙が出て止まらなくなったり、気分が沈みがちになったりします。

Mさんの場合

待望の第一子を出産したMさんですが、出産時に出血が多くて体調が戻らず、入院が予定よりも少し長引きました。母乳の出も悪く気分も落ち込み、わけもなく涙が出ます。

退院後は、手伝いに来てくれた義母への気遣いと、授乳のための寝不足で疲れは増すばかり。夫は残業ばかりで頼りにならず、最近はもう育てる自信がない、赤ちやんをマンションから落としたら…と追いつめられた気持ちになってきました。

多くは2週間程度で自然と回復に向かうのですが、、なかには不安感が何週間も続いたり、あるいはいったん回復したものの数ヶ月後にまた症状が出てきたりすることもあります。

そうなると産後うつ病の可能性が出てきます。産後うつ病になると、育児に自信がもてず、妄想にとらわれて母子関係が悪くなることも。専門医の治療が必要です。

産後のホルモンバランスの乱れが原因

出産後は3時間おきの授乳などで、慢性的に寝不足になり疲れもたまるもの。さらに女性の体内ではホルモンバランスも急激に変化し、これらがマタニティーブルーを引き起こす原因になります。

妊娠中は分娩に備えてさまざまなホルモンが分泌されていますが、分娩が終わるとそのホルモン分泌も一気に低下。

とくに、分娩時の痛みをやわらげるためにたくさん分泌されていたβ-エンドルフィンというホルモンが激減します。このホルモンの乱れにより、産後の女性の多くが精神的に不安定になるのです。たいていは回復しますが、Mさんのように疲れているのに義母に気を遣う、夫が頼りにならない、母乳が出ないことで罪悪感を感じるなど、不安や疲れが積み重なると、産後うつ病に移行してしまいます。

マタニティーブルーが重くなるか、軽くすむかは夫の対応が決め手。夫がポジティブに育児に関われば、妻も子も精神的に安定します。ひとりで思いつめず、まず夫の協力を仰ぐことです。

回復しなければ、精神科等で抗うつ薬、抗不安薬などを処方をしてもらいます。服薬時は母乳はあげずミルクに切り替えます。

ヌーススピリッツはこちら。

-症例(産後うつ)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

関連記事はありませんでした