impressions

私の使用感、レビュー、口コミ、効果など。

糖質制限食

糖質制限食で血糖値がリアルタイムに改善

投稿日:2020年11月30日 更新日:

通常の糖尿病食と糖質制限食を摂ったときの血糖値・インスリン値(IRI)を比較しました。

糖尿病食は350キロカロリー、糖質60% 、脂質20% 、タンパク質20% です。糖質制限食は同じく350 キロカロリーで、糖質10% 、脂質60% 、タンパク質30% です。

通常の糖尿病食では空腹時血糖値と食後血糖値の差が大きく、ブドウ糖スパイクが起きています。

空腹時の数値121に対して食後60分には304まで跳ね上がっています。糖尿病ではありますが、インスリンの追加分泌もそれなりに出ています。

一方、糖質制限食の場合は空腹時124に対して食後60分は142にとどまっており、血糖値の上昇はきわめて少ないです。

インスリンの追加分泌もごく少量です。次に、2型糖尿病患者(57歳女性) のデータです。糖尿病と診断されたのは15年ほど前です、その後、糖質制限食を実践されてすい臓のβ細胞がかなり回復したと考えられ、検査時には血糖値は正常パターンに回復していました。

糖尿病食を摂った場合のインスリン値を見ると、基礎分泌3.8→胃追加分泌ピーク58.5まで多量のインスリンが出ています。

実に基礎分泌の15倍強のインスリンが追加分泌されているということです。糖質制限食の場合も野菜分の糖質が含まれているので、基礎分泌の2〜3倍の追加分泌がありますが、糖尿病食に比べれば微々たるものです。

正常人が糖質の多い食事をすれば、ようなインスリンの大量追加分泌がl日に最低3回、間食をすれば4回以上起こっているわけです。

このようなインスリンの大量分泌が40年、50年と続けば、すい臓のβ細胞が疲れきってしまい、糖尿病になるのは容易に想像できます。このようにカロリーをいくら制限しても、糖質を摂れば食後高血糖とインスリンの大量追加分泌が起こります。

一方、糖質制限食なら食後高血糖は生じず、インスリンの追加分泌もごく少量ですみます。

糖質制限食でこんな病気がよくなった私の体験談はこちら。

糖質制限・ダイエット中の方へ 老舗オーマイパンが作る九州産小麦ふすまの低糖質パン

-糖質制限食
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

糖質制限食

20年近く悩まされてきた逆流性食道炎が糖質制限食で治った

逆流性食道炎というのは、強い酸性の胃液などが食道に逆流して、胸やけや胸痛、ノドの違和感などさまざまな症状を引き起こす病気です。 もともと日本人には少なかったのですが、食生活の欧米化、肥満増、ストレス増 …

糖質制限食

脂漏性皮膚炎と多嚢胞性卵巣症候群が改善

今日、5ヶ月ぶりに診察を受けましたが、丁寧に診ていただきました。スーパー糖質制限を始めて8ヶ月がたちましたが、おかげ様でその間のヘモグロビンA1Cの平均値が4.83と絶好調でした。 今後も、アルコール …

糖質制限食

糖質制限食のおかげでインスリン注射を中止できた

私のインスリン注射から離脱できた体験談です。私(60歳)が2型糖尿病と診断されたのは5年前の年5月です。 空腹時血糖値が231mg/dl、ヘモグロビンA1Cが10.5% で、インスリン注射を開始しまし …

糖質制限食

糖質制限食で内服薬を減量できた

糖質制限食で血糖値がリアルタイムに改善したことを紹介しましたが、2型糖尿病患者さん( 65歳男性)が通常の糖尿病食と糖質制限食を摂ったときの血糖値の変動を調査したものがあります。 糖尿病食の検査ではい …

糖質制限食

悩みのダンピング症候群が糖質制限食のおかげでようやく快方に

わたしは現在53歳ですが、28歳時に十二指腸潰瘍穿孔にて十二指腸と胃の5分の4を摘出しました。 以後、後期ダンピング症候群である低血糖症状に怯えながら生きてきました。毎食後2〜3時間で起きる低血糖症状 …