腸をも若返らせる水の効果

普段、誰もが口にする水の本当のところと重要性について

体が要求する水

体が欲している水はとても重要

投稿日:

動かなくても1日2リットル以上の水分が失われている

非加熱の天然水がおすすめ

体によい水はたくさんあります。

とくに、数百年かけて地層を浸透して湧きだしている天然水は一番体を活かします。人間の体の細胞は1万年前から変わっていません。人工的な水道水よりも天然水が一番だというのも納得でしょう。もちろん、人工的につくられたアルカリイオン水や水素水もよいのですが、基本は天然水です。

近年、食生活のバランスが崩れてきていて、若くして認知症やガンになる人が増えています。その原因はいくつも考えられますが、水も大きな原因のひとつになっている可能性もあるのです。大切なのは、天然水に手を加えていないこと。ただし、日本で販売されているナチュラルミネラルウォーターのほとんどは、加熱殺菌してありますので、ぜひ、ミネラルがしっかり残った非加熱の水を選ぶのが大事なポイントです。
活泉水は天然のアルカリイオン水です。

1日で2リットル以上の水分が失われる

では、私たちは1日にどのくらいの水を飲んだらよいのかを考えてみましょう。私たちは1日にどのくらいの水分を体から出しているのでしょうか。尿や便によって出る水分が約1.5リットル、汗で出る水分が0.5リットル、吐く息で排出される水分は0.5リットルほどあります。

毎日運動している人になると、すぐに1リットルほどの水分が出ていってしまいます。こうしてみると、運動しなくても1日に2.5リットルの水分が失われていることになります。生活していれば、何らかの形で水分が排出されるということを考えると、常に水分を補給していなくてはなりません。

今日失った水分は今日中に補給しないと、体の水分はどんどん失われていきます。明日飲めばよいと安易に考えていると、体内の水分が少なくなり、その結果、肌にみず潤いがなくなったり、老化のスピードが加速します。

1日に排出される水分が2.5リットルですが、その分の水を飲まなくてはいけないのかというと、そうではありません。食事などに含まれている水分は約1リットルとすると、体内ではたんばく質、炭水化物、脂肪を燃焼させることで0.5リットル程度の水がつくられます。すると、1日に飲まなくてはいけない水分は1リットルほどになります。しかし、水分を1リットル飲むだけでは、排出された水分量2.5リットルとプラスマイナスゼロになつてしまいます。このような水分補給のしかたをしていると、体が排出する水分量と水分補給の差が少しずつ大きくなってきます。
排出された分を正確に補給することは難しいからです。健康的に長生きしたいのであれば、少なくとも1.5リットルは飲まなければなりません。

体内の水分の減少が老化を加速させてしまう

成人女性の水分量は約5%、男性は60% です。普通の人が水を3日飲まないと脱水症状で命に危険が及んできます。私たちにとってそれほど水が重要だということです。体の水分がなくなっても気がつく人はほとんどいないでしょう。

細胞内の水分は一定になるようなメカニズムになつているので問題ありませんが、細胞同士の問にある水分が減ってくると、肌のハリやツヤがなくなり、シミやそばかすが多くなってきます。赤ちゃんの手と高齢者の手を比べれば一目瞭然です。

ちなみに新生児の水分量は約80%あります。加齢に伴って体の水分量が少なくなり、肌にハリがなくなってシワが目立つようになるのです。つまり、老化というのは水分が減少することに等しいのです。私たちの体は食べ物をエネルギーとして活動しています。
エネルギーを運ぶ血液中の水分が不足すると病気になるか、何らかの形で健康を害します。水分の補給はアンチエイジングにもつながりますので、健康のためにも毎日よい水の補給が欠かせないのです。

水分摂取は回数、温度、量にこだわる | 今さら聞けないミネラルウォーターの知識

体内における水の役割
覚醒
冷たい水ですっきり
血液循環促進
血液さらさら
発汗
体温の上昇を防ぐ
利尿・排便
老廃物の排泄
解毒・希釈
有害物質を体外へ排出
新陳代謝促進
有害物質を体外へ排出
鎮静
血液を全身に流す
入眠
快眠、安眠

-体が要求する水

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした