impressions > 強肝草エキス

肥満 による 脂肪肝 で 肌荒れ だるさ がひどかったが 肝草エキス 「 肝宝垂盆草 」 でスッキリ

強肝草エキス 「 肝宝垂盆草 」 口コミ 使用感 効能 効果

肥満 による 脂肪肝 で 肌荒れ だるさ がひどかったが 肝草エキス 「 肝宝垂盆草 」 でスッキリ したので紹介します。

飲みはじめてから 3 ヶ月後の定期検診では、ALT の数値が 60 まで下がっていることがわかりました。病院の薬を飲んでも、数値が 200 以下になったことはなかったので、ほんとうに驚きました。

体重が10キロ増えて疲れやすくなり原因は脂肪肝と判明

「脂肪肝のため疲れやすく、肌のくすみや乾燥、吹き出物などがひどくて困っていました。でも 強肝草エキス のおかげで、肌のトラブルがすっきり改善しました。女友達から「肌がキレイでうらやましい」といわれることも増えて、うれしく思っています。

私は、一児の母ですが、大学で週に3コマの講義を受け持ち、忙しい毎日を送っています。ストレス解消は甘いものを食べること。そのせいか、20歳のときと比べて体重が10ロも増えて63キロになってしまいました。そのころから肌荒れが目立つようになり、いままでにない疲れを感じるようになりました。睡眠不足のせいかと思ってほうっておいたら、翌年の健康診断で脂肪肝と診断されてしまいました。ALT(=GPT、基準値は35以下)が250近くもあり、さすがにあわてました。

そこで週2回通院し、処方された薬を飲むようになりました。また、脂っこいものや甘いものを控えたり、ウォーキングをしたりして、減量も心がけたといいます。「それでもALTはいっこうに下がらず、途方に暮れました。
肌荒れもひどくなる一方で、ファンデーションで隠せないほどくすみが目立つようになりました。人前に出るのがつらく、自信を持って講義ができなくなり、仕事を辞めようかと思いつめたくらいです。

そんなとき、大学時代の友人に紹介されたのが強肝草エキスでした。「うちの母が飲んでいるんだけど、だるさが取れて体調がよくなった」と聞き朝・昼・晩の食後に3粒ずつ、1日計9粒の強肝草エキスを飲みはじめました。正直、疲れだけでも取れればいいな、という軽い気持ちでした。

薬で下がらない数値が強肝草エキスで下がり基準値域内で安定した

「すると1ヶ月後には、気になっていた肌荒れや吹き出物がだいぶ減ってきたんです。だるさも治まって、サボリがちだったウォーキングを再開しました。朝もすっきり目覚められるようになったんです。このあたりからです。体調がよくなってきたと感じたのは。

飲みはじめてから3ヶ月後の定期検診では、ALT の数値が 60 まで下がっていることがわかりました。病院の薬を飲んでも、数値が200以下になったことはなかったので、ほんとうに驚きました。その後も、検査のたびに数値は改善し、いまでは基準値域内の30台で落ち着くようになりました。

肌のくすみやカサカサも改善され、化粧ののりもよくなってきました。あれほど、人前に出るのがおっくうになっていたのですが、仕事以外での外出も増えました。活発に動くようになったためか、体重も 3 kg減って、たるんでいた体が引き締まってきたのを実感しています。
強肝草エキスを飲みはじめてから、いろいろなことが好転してうれしいかぎりです。

肝臓の数値が下がった 強肝草エキス 「 肝宝垂盆草 」 はこちら。

強肝草エキス 「 肝宝垂盆草 」 口コミ 使用感 効能 効果

B型 C型肝炎 脂肪肝 が急増中 防ぐには 強肝草エキス 「 肝宝垂盆草 」 で肝細胞の強化と糖・脂肪の節食

強肝草エキス 「 肝宝垂盆草 」 口コミ 使用感 効能 効果

B型 C型肝炎 脂肪肝 が急増中 防ぐには 強肝草エキス 「 肝宝垂盆草 」 で肝細胞の強化と糖・脂肪の節食 が必須です。肝臓ガンで亡くなる人は1970年以降増えており、10年前の2005年には1年間で男女合わせて約35000人になりました。肝臓ガンの部位別死亡者数の順位は、男性では胃ガン、大腸ガン、肺ガンに次いで4位、女性では6位です。

肝臓ガンの原因の97%はB型・C型のウイルス性肝炎で死者が70年以降急増

肝臓ガンで亡くなる人は1970年以降増えており、10年前の2005年には1年間で男女合わせて約35000人になりました。肝臓ガンの部位別死亡者数の順位は、男性では胃ガン、大腸ガン、肺ガンに次いで4位、女性では6位です。
男女合わせた統計では、肝臓ガンが大腸を抜いて4位になります。肝臓ガンの原因の97% は、B型・C型のウィルス性肝炎です。ウィルス性肝炎全体のうち、約80%はC型肝炎、約15%がB型肝炎、約2% はB型とC型を併発したものです。
とはいえ、ウィルス性肝炎にかかった患者さんの全員が肝臓ガンになるわけではありません。B型肝炎では、ウィルスに感染した人の約10%が慢性肝炎になり、そのうちの約10% が肝硬変になります。そして、肝硬変の80% が肝臓ガンになるのです。

C型肝炎では、約80% の人が急性肝炎を発症し、そのうちの約70% が慢性肝炎に移行します。適切な治療を受けないと、慢性肝炎の約50%が肝硬変になり、そのうちの60~70% が肝臓ガンに移行するのです。

ところで、肝臓ガンの原因はウィルス性肝炎だけではありません。脂肪肝から肝炎、肝炎から肝硬変を経て、ガン化するケースもまれではないのです。最近、若い人を中心に脂肪肝が急増しています。患者の数は約3000万人に上り、成人の3人に1人が脂肪肝であるとの報告も見受けられます。
脂肪肝とは、肝細胞の内部に過剰な中性脂肪が蓄積される状態のことで、れっきとした病気です。中性脂肪が肝臓全体の重量の五% 以上になると、脂肪肝と診断されます。5%の重量でも肝細胞の30%に相当するので、脂肪を抱え込んだ危険なフォアグラ状態だといえます。
脂肪肝について詳しくはこちら

脂肪肝の原因の7割は、食べすぎと飲みすぎです。アルコールの飲みすぎは、肝臓での中性脂肪の合成を促します。しかし、アルコールを飲まない人も油断はできません。アルコール性脂肪肝は減少傾向にある一方で、実は非アルコール性脂肪肝の人が増えているのです。

脂肪肝は脂肪のとりすぎだけでなく炭水化物のとりすぎでも引き起こされる

非アルコール性脂肪肝の原因は、バランスの乱れた食生活や運動不足が引き起こす内臓脂肪の増加です。非アルコール性脂肪肝の10%は肝炎を経て、肝線維症や肝硬変に進行します。食べすぎが原因というと、脂肪のとりすぎを思い浮かべる人が多いでしょう。ところが、炭水化物(糖質)のとりすぎにも注意が必要なのです。

糖質をとると血糖値(血液中のブドウ糖の値)が上昇し、それを下げ*るためにインスリンが大量に分泌されます。インスリンの働きで、血液中のブドウ糖は筋肉の細胞内に取り込まれ、エネルギーとして利用されます。
しかし、筋肉細胞に取り込まれずに血液中で余ったブドウ糖は、すべて中性脂肪に変化して脂肪細胞や肝臓に貯えられます。糖質のとりすぎが食後血糖値の上昇とインスリンの追加分泌を起こし、それによって中性脂肪が合成され、脂肪肝や肥満を招くことになるのです。

脂肪肝を確認するには、CT(コンピューター断層撮影装置)で画像診断を行うのが一般的です。また、肝機能検査値も脂肪肝の発見に役立ちます。ALT(=GPT、基準値は35以下)が100以上の人は注意が必要といえるでしょう。
ただし、ALTが正常でも脂肪肝が認められる人も30%ほどいます。肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれ、少々具合が悪くなっても自覚症状はほとんど現れません。定期的な検診を受けて、肝臓の観察を欠かさないようにすることが、何より大切なのです。

肝宝垂盆草 ( かんぽうすいぼんそう ) 日本製

肝臓の数値が気になる人に

お試しパックはこちら。

自分の体に合っているかどうか30粒入りのお試しパックもあります。
肝宝垂盆草は、肝臓を回復する効果大ですが、少々高価ですのでお試しセット(少量)を購入してから購入するのがおすすめです。
肝宝垂盆草お試しパック30粒入り/販売公式ショップ日本製

強肝草エキス 「 肝宝垂盆草 」 口コミ 使用感 効能 効果