impressions > 強肝草エキス

C型肝炎 から 肝硬変 になったが 肝機能 は 肝草エキス 「 肝宝垂盆草 」 で回復

強肝草エキス 「 肝宝垂盆草 」 口コミ 使用感 効能 効果

C型肝炎 から 肝硬変 になったが 肝機能 は 肝草エキス 「 肝宝垂盆草 」 で回復 したので紹介します。

最初の肝臓の数値は、ALTは 37 ASTは 40 肝草エキス「肝宝垂盆草」を5ヶ月飲んで、ALTが 20 台後半、ASTが 30 台半ばに安定しています。

数値が上昇してC型肝炎から肝硬変に進行した肝臓

仕事は、造園会社のスタッフとして週4回、植木の手入れなどを行っています。30代の半ばごろ、献血のさいに自分が非A非B型(C型)肝炎であることがわかりました。

18歳のとき交通事故に遭い、輸血を受けた経験があります。
母子感染も否定できません。5歳年上の兄を、C型肝炎による肝臓ガンで亡くしています。

当時、私の肝臓の値はALTは37、ASTは40でした。ただし、だるさはまったくなく、造園の仕事への影響もありませんでした。月1回、通院しながら体調を保ってきました。「その後、1度だけASTが50を超えましたが、おおむね数値は基準値よりやや高い程度で安定していました。

そんな中、兄が肝硬変から肝臓ガンに移行し、衝撃を受けました。兄は結局、60歳で亡くなったのですが、『自分もいつ症状が悪化してもおかしくない』と、不安でしかたありませんでした。そんな不安をあおるかのように、ALTが50 AST が45 まで上がってしまいました。医師からは「初期の肝硬変」といわれ、処方された薬を飲むようになりました。

「仕事は続けていましたが、極端に疲れやすくなりました。帰宅して1時間ほど横になるつもりが、気がついたら何時間もたっていた、とったこともよくありました。そんなとき、強肝草エキスのことを知り、早速飲みはじめました。
夕食後にまとめて8粒飲むようにしました。

体調の変化はすぐには現れませんでしたが、強肝草エキスで肝機能を維持している人の体験談を思い出し、毎日欠かさずに飲みつづけました。

5ヶ月続けると体調に変化が

「体調の改善を実感したのは、飲みはじめてか5ヶ月ほどたったころでした。以前は仕事から帰ってくると横にならずにはいられなかったのですが、すぐに食事の支度に取りかかれるようになったんです。肝機能の数値も ALT AST とも 30 台に下がってきました。

一時は医師から「肝機能が落ちているので薬の量を増やしたほうがいい」と薬の増量を促されていました。

強肝草エキスを飲みはじめてからは肝機能の数値が下がっていったため、医師は驚きながら、「薬を増やす必要はない」と判断したそうです。私はタバコを吸いますし、食事にもどちらかむとんといえば無頓着なほうです。
病院の薬に加えて、強肝草エキスをとった影響が大きいと思わずにはいられません。その後の検査では、ALT が 20 台後半、 AST が 30 台半ばと、基準値域内に下がっていることが確認されました。
それでも強肝草エキスは続けていきたいと思っています。おかげで、仕事もらくになりました。強肝草エキスを飲みながら体調をコントロールして、好きな仕事をまだまだ続けたいと思っています。

C型肝炎から肝硬変になったが肝機能は、肝草エキス 「 肝宝垂盆草 」 で回復

強肝草エキス 「 肝宝垂盆草 」 口コミ 使用感 効能 効果

一向に下がる様子がなかった C型肝炎 の 数値 が 肝草エキス 「肝宝垂盆草 」 で 下がった

強肝草エキス 「 肝宝垂盆草 」 口コミ 使用感 効能 効果

一向に下がる様子がなかった C型肝炎 の 数値 が 肝草エキス 「肝宝垂盆草 」 で 下がった ので紹介します。C型肝炎の治療は副作用が強く途中で断念しましたが、その後、強肝草エキスで改善しました。

病院の治療は副作用が強く断念

40代後半から倦怠感に悩まされていました。だるさの原因が肝炎によるものだとわかったのは、50歳のときに受けた健康診断がきっかけでした。担当医から、肝機能値が高すぎると指摘されました。ALT(=GPT、基準値は35以下)が300近くあったんです。くわしい検査を受けたら、A型でもB型でもない肝炎だと説明されました。

あいまいな診断結果を開いて不安に思い、いくつもの病院を訪ねて回りました。知人から紹介された専門医を受診した結果、当時まだ広く知られていなかったC型肝炎であることがようやくわかりました。

53歳のときのことでした。インターフェロン治療を開始し、週1回の注射を半年間続けました。1ヶ月弱でALTは25まで下がったのですが、副作用は耐えがたいものでした。がんばって治療を続けたのですが、しばらくするとALTが150まで上がりました。

主治医と相談して、インターフェロン治療を中止するとにしました。その後は肝機能を改善させる薬を飲むようになりました。その結果、ALTは100前後で安定するようになりました安定とはいっても、基準値を大きく上回っています。肝硬変や肝臓ガンに移行しないか、いつもおびえていました。

そんなとき、たまたま目にしたのは、強肝草エキスを飲んでALTが大幅に下がった人の広告でした、非常に知りたくなりました。誌面のモニター募集に応募し、5月から朝・昼・晩の食後に3粒ずつ、1日計9粒の強肝草エキスを飲みはじめました。

強肝一早エキスを飲んで疲れにくくなり趣味の着物の展示会へも行けた

便秘ぎみだったのですが、1週間たったころから、お通じがよくなりました。強肝草エキスのおかげか、体が軽くなり、いままでに比べて家事がらくになりました。その後も飲み忘れに気をつけながら、強肝草エキスを毎日飲みつづけました。

2ヶ月後の検査で、肝機能をホす数値に変化が見られました。100前後だったALTが、65まで下がっていたのです。主治医は、『これほど急に肝機能値が下がったケースは見たことがない』と、びっくりしていました」強肝草エキスをとるようになってからは、疲れにくくなりました。
趣味である着物の展示会に出かけることも増えて、毎日の生活が充実していは現在、45後で安定しています。
これからも強肝草エキスを飲みながら、病気の進行を防いでいきたいと考えています。もう少しがんばれば、ALTは基準値まで下がると信じているんです。そのためにも、飲み忘れしないように気をつけています。
ALTが下がった 強肝草エキス 「 肝宝垂盆草 」 はこちら。

強肝草エキス 「 肝宝垂盆草 」 口コミ 使用感 効能 効果