女性のうつ病

女性のうつ病のメカニズムと予防・克服のための情報

症例(ひきこもる)

うつ病の症例15「ひきこもる」のはヌーススピリッツ

投稿日:

人と会ってコミュニケーションをとることは、新しい世界が広がったり嬉しかったり、楽しい反面、緊張もします。うつになるストレスの原因には、病気や失業、親しい人の死などがありますが、もっとも多いのが人間関係です。

人間関係のもつれは、大きなストレスのもとになります。相手があることはやはり問題が生じたときにとても難しく、こじれた相手だけではなく、親せきや親しい友達と会うのも苦痛になる場合もあります。頭痛や動悸、不眠などの身体症状が出て、外に出ることがつらくなり、引きこもってしまうのです。

相手の心にに近づきすぎて傷つき、引きこもりに

女性は、同性同士のコミュニティの和をかなり大切にする傾向があります。コミュニティから浮いてしまった人間を許せない、排除しようと動くのも女性にありがちな現象です。
相手の幸せに対する嫉妬やコンプレックスなど、さまざまな思いがうずまいて人間関係のトラブルは起きるのです。

Mさんの場合

Mさんのように、子どものけんかなど、ささいなことから人間関係がもつれることも少なくありません。相手のお母さんとは、毎日おしゃべりするほど仲がよかったのですから、相当、距離感が近かったはず。

でも、ここが気をつけたいポイントです。人間関係は、近づきすぎると、ちょっとしたトラブルでも双方が深く傷ついてしまうのです。あまりに親しくなりすぎると、ちょっとした相手の言動も気になります。柏手の言葉や表情から、「嫌われたかもしれない」と悩みながら、外見上は笑顔で対応するといった関係に陥ります。このような状況が長く続くと、つらくなり、ストレスから体調を崩すことにもなるのです。

本当は一緒にいたいのに、近づきすぎて針で傷つけあう、ヤマアラシのようなものです。また、人間関係でつまずく人には、ものごとに対して、白黒や正否をはっきりさせたがるタイプがよく見受けられます。人と付き合うときに、相手が自分にとって「すごくよい人」か「イヤな人」のどちらかと区分けするのです。

人間を「白か黒」に分けて評価するタイプの人は、人間関係の距離感がうまくとれません。自分にとって「よい人」なら、相手に疎まれるほど依存して一緒にいたがり、「イヤな人」なら、徹底的に攻撃するのです。付かず離れずのちょうどよい付き合いができず、結局人間関係がもとでストレスを大きく受け、引きこもりにまで発展してしまいます。

人付き合いの仕方は、経験を重ねてその中で学ぶしかありません。ちょっとムリをしてでも、子連れで外に出て、違うコミュニティで新しい友人を求めてみましょう。

コミュニティを限定せずに新しい人間関係を

また、コミュニティから疎外されて引きこもる人もいます。このケースの場合は、男性社員と飲みに行ったことが、「抜け駆け」と取られたのでしょう。
ただ、本人が意識的に悪いことをしたわけではありません。コミュニティでうまくやっていくには、気配りも大切ですが、他人の目を必要以上に気にしない潔さも必要です。自分の所属するコミュニティはひとつだけではないはず。会社以外にも、学生時代の友人や趣味のサークルなど、違ったコミュニティも持っているでしょう。自分のことをありのままわかってくれる気の合う友達を、複数のコミュニティでみつければよいのです。

引きこもりだけではなく、不眠や頭痛など身体症状もひどければ、受診して投薬などの治療を受けることが必要です。ただ、気分的な落ち込みだけであれば、周囲の人とは一定の距離を保つよう心がけながら、新しい人間関係をあせらずつくっていくのがよいでしょう。

ヌーススピリッツは、キトサンの持つココロとメンタル面の不調に最適な機能性があることを 発見した精神科医 酒井和夫氏との共同開発によって誕生した 「ココロと気持ちの健康生活を実践する」ためのサプリメントです。
高濃度で凝縮された水溶性低分子キトサン粉末をそのままカプセル化しているので、メンタルバランスの調整に優れています。

-症例(ひきこもる)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

関連記事はありませんでした