女性のうつ病

女性のうつ病のメカニズムと予防・克服のための情報

症例(頭痛)

うつ病の症例5「頭が痛い」

投稿日:

Kさんの場合

結婚してまだ数ヶ月のKさん。二世帯住宅で夫の両親と同居中です。義母の性格は明るく、気さくな人ですが、困ったこともあります。

休日の朝ゆっくり休んでいると、突然「おはよう!」と寝室に入ってきたり、夜くつろいでいる時間帯に「ちょっと聞いてくれる?」と話にきたりするのです。この数ヶ月、Kさんはしめつけられるような頭痛に悩まされ、最近では、市販の鎮痛薬でも効く日と効かない日がでてくるようになりました。

頭痛は、2種類のタイプに分別されます。片側のこめかみを中心にズキンズキンと痛む片頭痛と、首や肩のこりを伴い、しめつけらけるように痛む緊張性頭痛です。

また、両方が同時に起こる混合性頭痛もあります。とても判断がつきにくく難しい頭痛です。睡眠不足や二日酔い、ホルモンバランスの崩れなどから起こるのは主に片頭痛。長時間の同じ姿勢や、疲労とストレスから起こるのは緊張性頭痛が多いとされます。
頭痛を引き起こしやすい性格や行動など
ただし、しつこい頭痛の裏には脳腫瘍など重い病気が隠れていることもあります。自己判断は禁物。症状が改善されないなら、必ず専門医を受診してください。

夫や恋人との間の性的な不満がしつこい頭痛の原因になることも!

Kさんのような、しめつけられるような頭痛は緊張性頭痛で、心配事など精神的なストレスを持つ人に起こりやすい頭痛です。
また、しつこい緊張性頭痛の原因に、セックスに関する不満や不安が関係していることが多いのもひとつの特徴です。Kさんは、新婚生活が始まったばかりで楽しい時期のはず。同居とはいえ、お姑さんとの大きな摩擦やストレスは今のところ見受けられません。

ところが、悪気はないとはいえ、寝室に突然入ってこられたり、2人だけのくつろいだ時間帯にしばしば割り込まれたりすると、夫婦ともに気が気ではないでしょう。こういったケースでは、お姑さんの介入がなくなると頭痛もおさまると考えられます。

まず、夫を通して「夜10時以降や日曜日の朝は、ゆっくり休んでいることが多いからなるべく起こさないで」と、上手に言ってもらいましょう。

悪気がなく配慮が足りないだけのケースなら、「あら、気がつかなかったわ。ごめんなさい」ですんで頭痛も解決してしまうもの。

もっとも、嫁姑の微妙な関係ですから、すぐには改善されないかもしれません。それならば、夫婦2人で旅行に行く機会を増やすなど、環境を変える工夫も必要です。夫婦の関係がどうしても保てないのであれば、ご両親との同居を解消することも必要かもしれません。

このほか、恋人の浮気などをきっかけにセックスがうまくいかなくなり、頭痛に見舞われる人もいます。長時間の同じ姿勢と仕事のストレスも原因から頭痛に悩まされることがあります。このような緊張性頭痛は、長時間同じ姿勢を続けたり、プレッシャーのかかる仕事で強い不安を感じたりすることで、頭、首、扇の筋肉が緊張して収縮し、血流が悪くなって起こります。

不安に思う心と筋肉は、一見、何の関係もなさそうですが、精神的ストレスを受けると、筋肉は緊張するのです。こうした痛みをほうっておくと、慢性的な頭痛を抱えることになってしまいます。慢性的な頭痛があると、痛みがつらくて外に出たくない、人に会いたくないと引きこもりがちになり、うつのきっかけになってしまうこともあります。

仕事中の姿勢やストレスが頭痛の原因にある場合は、仕事のペースを落としましょう。また、夜は入浴やストレッチなどで筋肉のこりをほぐすよう心がけてみましょう。歯のかみ合わせや高さが合わない枕が頭痛を招くこともあるので、これらもチェックしてみます。
テンピュール ソナタピローは枕がしっくりこなくて眠りにつけない、朝目覚めたとき首や肩が痛い、そういう人のための枕です。
テンピュールの「ソナタピロー」は、三日月型のようにカーブした形が特徴の快眠枕。
体圧分散機能に優れたテンピュール素材を活かして、頭部をやさしく包み込んでくれる新タイプのまくらです。

原因は何であれ、市販の鎮痛薬が効かない頭痛は、まず脳の疾患がないか調べることです。市販の鎮痛薬は、量を増やしたり長期に飲んだからといって効き目が増すものではありません。脳に問題がなければ、ストレスや不安が原因である可能性は高くなります。痛みにも効く抗うつ薬や、筋肉の緊張を解く薬を処方してもらいながら、ストレスのもとを解決していくとよいでしょう。

抗うつ薬を服用したくないならヌーススピリッツ

-症例(頭痛)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

関連記事はありませんでした