質のいい睡眠のための条件

快眠効果のある食材は刻んだたまねぎ

たまねぎ

たまねぎ

たまねぎの香りに驚くべき効果

自宅以外の床で寝る際に自分の枕じゃないと眠れないという人がいますが、使い慣れた枕で安眠できるのは、高さや硬さなどの形状以上に、「自分の匂い」にほっとするからだといいます。
それくらい快眠と香りは深い関係性があります。
香りには眠りを誘う効果があり、これまでの科学的な研究から、実証されているものがいくつかあります。そのひとつは眠りを誘う香りとしてすでに名高い「ラベンダー」です。

ラベンダーの特徴と作用、注意点

最近では医療機関や介護施設でも使われています。次に「セドロール」(シダーウッド)。
ヒノキ科やスギ科の樹木の香りに含まれる物質で、眠りをよくする効果があります。
これらは、アロマオイルにもなつているので、ハンカチなどに1~2 滴垂らして、枕元に置いておくとぐっすりと眠れるでしょう。

たまねぎやコーヒーに快眠効果がある

イメージ的には、眠りの作用がなさそうな香りにも有効なものはあります。それが、コーヒー。飲むコーヒーの作用としてはカフェインによる覚醒作用がはたらきますが、香りを嗅いだときの脳波を調べると、リラクゼーションの指標であるアルファ波が多く出ていることがわかっています。
朝、飲むコーヒーの香りを嗅ぐとリラックスする人が多いのです。
ただし豆の種類によって作用は異なり、夜ならグアテマラとブルーマウンテンがおすすめ。ハワイコナは緊張感を高めるので朝向きです。

そして、タマネギ。血液をサラサラにするといわれますが、ほかにも高血圧の予防や消化促進、疲労回復、精神安定など、さまざまな効果があります。デトックスなどにも効果的で老廃物を排泄してくれます。

最強の解毒食材(たまねぎ)

なかでも注目したいのが「不眠症改善」です。タマネギの香りには催眠効果のある硫化アリルという成分が含まれているので、刻んで皿にのせ寝室に置いておくと眠くなる作用があります。

 

モバイルバージョンを終了