質のいい睡眠のための条件

昼間の強烈な睡魔について

昼間の睡魔

昼間の睡魔

生体リズムによって起こる「午後の眠気」はやむを得ない

l日24時間の周期で、生体リズムがあります。これは、宇宙のリズムそのものです。そのリズムを基礎にして睡眠と覚醒、ホルモンの分泌量、体温、心拍数、血圧など、すべてが調整されています。

このリズムは「サーカディアンリズム」(概日リズム)とよばれるものです。
https://sleep-p.com/archives/91

もうひとつ、生体リズムには約半日周期のものがあります。それが「サーカセミディアンリズム」(半概日リズム)というものです。

人には急激な眠気に襲われる波が1日に2 回あります。夜中であれば3~4時をピークに訪れ、もうl回が14~16時。この「午後の眠気」は、サーカセミディアンリズムによるもので、この時間帯は交通事故の発生率が増加するというデータもあります。

生体リズムは自分の意思ではどうにもなりません。午後の眠気とは工夫しながらうまくつきあっていく必要があります。たとえば、仕事のやり方を考えてみましょう。午前中は頭がさえているので、アイディアを考えたり、個人的に片づけておくべき事務処理などがミスなく効率よく進められます。

しかし、午後になったら眠気が襲ってきます。そんなときはお営業の仕事をして、体を動かすことで眠気に負けず仕事を進めるのです。1人でコツコツ作業することも眠気の原因となりますから、避けたほうが無難でしょう。

この時間帯に仮眠できればいいですが、仕事中はない通りにいきません。しかし、これも昼休みの時間をうまく活用した仮眠です。
うたた寝のススメ

モバイルバージョンを終了