質のいい睡眠のための条件

PC操作はエスプレッソコーヒーと同等の睡眠障害

エスプレッソコーヒー

エスプレッソコーヒー

パソコンモニターを見るだけで「睡眠ホルモン」が停止してしまう

ブルーライトはテレビやパソコン、携帯電話のディスプレイから多く発している青い光のことです。ブルーライトについて専門的に解説すると、波長が380~500nm(ナノメートル)の青色光のことです。ヒトの目で見ることのできる光=可視光線の中でも、もっとも波長が短く、強いエネルギーを持っており、角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達します。

パソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイやLED照明には、このブルーライトが多く含まれています。デジタルの文字や映像はとても美しく表示してくれる優れモノです。ブルーライトの発見はとても偉大なものでした。

パソコンを使った作業を行うと目の疲れを感じます。その目の疲れと痛み」を訴える人が90%以上となっています。パソコンは、公私ともに欠かせないツールとなっています。最近は、スマホなども同じです。この光がまぶしさやちらつきの原因となって、目の疲れにつながっているるのです。
しかし、この光のちらつきは目に悪いだけでなく、興奮性を高め、眠りにつきにくくすることがわかりました。

最近の研究では、「電子機器のディスプレイからの光が脳を刺激し、メラトニンの分泌をストップさせる。ということが明らかになりました。これでは睡眠妨害です。メラトニンについてはこちら。

仕事でやパソコンを使っていて画面を見てい時間が長くなる人は特に夜寝る前の1時間くらいは、パソコンを使わない時間を確保しましょう。就寝前時間前にはPCの電源を落としましょう。

電子機器の影響力は、仕事のメールを見ただけで「エスプレッソ・コーヒーを2 杯飲んだとの同じくらいの興奮状態になる」ということです。
せっかく就寝1時間前からリラックスモードに入り「睡眠モードの脳」の状態になったのに、1件のメールを見た瞬間、睡眠ホルモン「メラトニン」の分泌が中断されて脳を目覚めさせてしまうのです。脳が興奮状態になってしまうということです。

とくに携帯電話は目と画面の距離が近いため刺激量は大きく、覚醒度も高まるので注意しなければなりません。スマホが手放せない人は多いのですが、注意しないと睡眠の質がどんどん下がってしまいます。

モバイルバージョンを終了