くさや大豆(乳核酸)の帯状疱疹後神経痛への効能、効果、使用感など

新着記事

くさや大豆(乳核酸)は善玉菌の栄養になって腸内環境を改善し、治療効果を高める

帯状癌疹の原因は、多くの人が子どものときにかかる水ぼうそうのウィルス(水痘ウイルス)です。水ぼうそうはいったん治っても、ウィルスは神経節と呼ばれる場所に潜伏しています。免疫力が正しく働く健康な人は、水ぼうそうのウィルスの活動を抑えることができます。

ところが、免疫力が低下した人はウィルスの活動を抑えることができず、帯状疱疹と呼ばれる炎症や痛みを引き起こしてしまうのです。発症初期の帯状疱疹は虫刺されやあせもと勘違いする人が多いため、診察を受けるのが遅れがちになります。

一般的に、皮膚症状が治まった後も3ヶ月以上痛みが続く場合は、帯状疱疹後神経痛と呼ばれる症状が疑われます。帯状疱疹後神経痛は、免疫力が低下した人や、治療の開始が遅れた人に起こりやすい症状です。

くさや大豆(乳核酸)は腸内にすむ善玉菌の数を増やすだけでなく、菌そのものを強化するため、免疫力の向上が期待できます。

平戸つる草で治療困難な乾癬を治した私の体験談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする