質のいい睡眠のための条件

質のいい睡眠のための条件や生活習慣

快眠の条件

お昼の後の仮眠は15~20分程度がベスト

投稿日:

集中力

集中力

昼寝をすると集中力が格段にアップ

昼寝は、ぐっすりと深く眠るより、目覚めてすぐに高いパフォーマンスで仕事や勉強ができないと意味がありません。昼の10 分の仮眠は、夜の 時間の睡眠に相当するという人もいます。
困難な仕事や勉強のときほど昼寝を活用するのがいいでしょう。
30分以上の仮眠は、起きた後もしばらく眠気がつづいて、仕事に戻るまでに時間がかかり、ぼーっとする時間が長いために逆にパフォーマンスを下げてしまいます。睡眠の深さには4段階ありますが、仮眠をするなら第2段階で目を覚ましたいところ。その時間を計算すると15分~20分が理想の仮眠時間といえます。

  • 目をつぶって寝つくまでの時間(入眠潜時)5分
  • ノンレム睡眠の舞1段階(浅い眠り)が5分
  • ンレム睡眠の策2段階に入って9分で覚醒

この3段階を合計すると20分ぐらいです。

寝すぎを防ぐには、昼寝前のコーヒーがおすすめ。緑茶などでもいいでしょう。カフェインの入った飲料がいいでしょう。カフェインの覚醒作用は約30分後に現れるからです。また、「昼寝をするときは横にならない」態勢がとても大切です。
車で仮眠をとるなら、シートは倒しすぎないようにします。会社なら頬杖をつく、または机に突っ伏して寝る、イスに深くよりかかって寝るなどが一般的です。

まず、眠りに入るときは大きく深呼吸をしましょう。椅子で寝る場合は、腰と首を安定させます。まず椅子に浅く腰かけ、背もたれにゆったりよりかかります。背もたれが小さい場合は、ゆったりと脚を前にだします。首は後ろにガクッと落ちないよう、胸にアゴを乗せるように安定させます。机に突っ伏して寝る場合、短時間でも顔に赤いあとが残るので、ソフトな携帯用枕の常備を。サイコロ型で腕を中に差しこむもの、顔を埋めるようにしばていて眠る馬蹄型枕など、いろいろな形があります。

-快眠の条件

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ノンレム睡眠・レム睡眠

質のいい睡眠は、浅い眠りと深い眠りの両方が必要

ノンレム睡眠・レム睡眠 質のい睡眠が仕事の能率もアップさせる 眠りには、体を休めるための「レム睡眠」脳を休めるための「ノンレム睡眠」の2種類があります。眠りの深さは4段階あり、順に深くなったあと、折り …

電車の中でのうたた寝

帰宅途中の電車の中でのうたた寝はNG

電車の中でのうたた寝 電車の中でのうたた寝も時間帯に注意 通勤、通学の電車の中でのうたた寝が毎日の習慣になっている人も多いはずです。 電車の揺れる心地よいリズムに誘われて眠ってしまう人も多いと思います …

就寝前の過ごし方

就寝前の行動が快眠への重要なポイントになる

就寝前の過ごし方 就寝前1時間は刺激物はNG 快眠のためにはいかに就寝前に心身をリラックスできるかが大きなポイントになりますが、、もっと突きつめていくと、寝る1時間前の過ごし方が大事になります。 布団 …

体の疲労

質のいい睡眠のためには頭の疲れより体の疲れが大事

体の疲れ 熟睡するための運動がある 人は、夜になると自然に眠くなります。これは、ひとつに「体内時計」の働きがあります。そしてもうひとつが「睡眠物質」です。 現在、多くの睡眠物質が確認されており、30~ …

目覚まし時計

目覚まし時計なしで起床する

目覚まし時計 自己暗示で自然に目が覚める 目覚まし時計の音が朝の一番のストレスだと感じている人は多いものです。誰でも自然に目が覚めるのが、もっとも心地よい目覚め方です。 人間には起きたい時刻に起きるこ …