質のいい睡眠のための条件

質のいい睡眠のための条件や生活習慣

快眠の条件

今日の睡眠不足は今日のうちに精算してしまう

投稿日:

睡眠不足

睡眠不足

夜更かしで足りない睡眠不足は負債と考える

どんなにたくさん寝ても「寝貯め」ができません。休みの日にまとまった睡眠をとって、日ごろの睡眠不足が解消できたらどんなにいいでしょう。実際、寝過ぎは体調を悪化させてしまいます。質のいい睡眠という点からは逆効果になってしまうのです。
睡眠がどの程度不足しているかどうかというのは自覚がない人のほうが多いと思います。次の計算式を使うとどの程度不足しているかが一目瞭然です。

休日の睡眠時間-平日の睡眠時間=足りない睡眠時聞

これがあなた自身の「睡眠負債」です。負債とは、疲労物質とも言えます。昼寝などで負債分を返済していかないと、脳や体にどんどん老廃物や不要物がたまり、健康な細胞を破壊してしまいます。
睡眠負債は、1週間単位で解消するのがポイントです。あらかじめたっぷり寝ておくと、それまでの睡眠負債をゼロにして、仕事もフレッシュな状態で取り組むことができます。集中力もアップするので仕事は効率があがり、集中力もあがるでしょう。
休日に寝だめしても睡眠リズムは崩れるだけなので、上手な仮眠法があります。

昼食後の1時間の仮眠(昼寝)で夜の睡眠不足を補える

夜、十分な睡眠時間が確保できない人には「睡眠の補填」をおすすめします。午後に昼寝をして、その夜の睡眠を補填するというものです。

通常は、昼寝するなら夜の睡眠に影響を与えない「30分以内」というのが原則ですが、この場合「その夜の睡眠不足の補充」なので、1時間ほど寝てもリズムを崩すことはありません。1時間の睡眠時間を確保するにはかなり工夫しないと大変です。
また、同じように仮眠をとるにしても、午前中であれば前夜の寝不足をすぐに返済することになるからです。「午前中の返済」は通勤時の朝の電車やバスの中がおすすめです。

睡眠不足が習慣化しているのは、現代のストレス「時間を読むとまさにその通りだとわかります。

-快眠の条件

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

パジャマ

眠りはじめてから3時間を質のいい眠りにするために大切なこと

睡眠の質を高めるために大切な条件(温度・湿度) 暑い夏の夜になかなか寝付けなかったりすると朝起きたときに眠れた気がしないことがあります。これは、眠りはじめの3時間がよく眠れなかったり、質のいい睡眠にな …

チョコレート

目覚めがいつも不機嫌な人にはチョコレートが効く

チョコレート 目覚めの大事な3つの習慣 どんなに眠くても仕事や学校に行く日の朝は起きなければいけません。しかし、夜更かしをした日、また、忙しくて睡眠時間が足りなければ、朝は起きるのが大変です。 寝起き …

眠れない時は無理して眠ろうしない

眠れない時は無理して眠ろうとしない

眠れない時は無理して眠ろうしない 眠れなくてもいい!と思えば気が楽になる。 いつもならもう寝る時間だからといって布団に入っても、心身が睡眠態勢になっていなければ、すぐには眠ることができません。眠れない …

不安

不安で眠れないときは「寝逃げ」

不安 不安で眠れない時の対処法 寝ようとして床についても、さまざまなことが気になってなかなか眠れないことがあります。寝つきが悪い人は、悩みがちな傾向にあります。 どしたらいいだろう?、うまくいかなかっ …

お腹がいっぱいとのきは、快眠できない!

夕飯は就寝前の3時間前にすませておくのが理想 現代人の生活習慣は、日増しに夜型になっていますが、それに合わせて夕食の時間も遅くなっています。就寝3時間前までに夕食を終えると翌朝の目覚めが断然よくないの …