質のいい睡眠のための条件

質のいい睡眠のための条件や生活習慣

快眠の条件

PC操作はエスプレッソコーヒーと同等の睡眠障害

投稿日:

エスプレッソコーヒー

エスプレッソコーヒー

パソコンモニターを見るだけで「睡眠ホルモン」が停止してしまう

ブルーライトはテレビやパソコン、携帯電話のディスプレイから多く発している青い光のことです。ブルーライトについて専門的に解説すると、波長が380~500nm(ナノメートル)の青色光のことです。ヒトの目で見ることのできる光=可視光線の中でも、もっとも波長が短く、強いエネルギーを持っており、角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達します。
パソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイやLED照明には、このブルーライトが多く含まれています。

パソコンを使った作業を行うと目の疲れを感じます。その目日の疲れと痛み」を訴える人が90%以上となっています。この光がまぶしさやちらつきの原因となって、目の疲れにつながっていると考えられているのです。
しかし、この光のちらつきは目に悪いだけでなく、興奮性を高め、眠りにつきにくくすることがわかりました。

「電子機器のディスプレイからの光が脳を刺激し、メラトニンの分泌をストップさせる。ということが明らかになりました。これでは睡眠妨害です。メラトニンについてはこちら。

仕事でやパソコンを使った仕事をしていて画面を見てい時間が長くなる人は特に夜寝る前の1時間くらいは、パソコンを使わない時間を確保しましょう。

電子機器の影響力は、仕事のメールを見ただけで「エスプレッソ・コーヒーを2 杯飲んだとの同じくらいの興奮状態になる」ということです。
せっかく就寝1時間前からリラックスモードに入り「睡眠モードの脳」の状態になったのに、1件のメールを見た瞬間、睡眠ホルモン「メラトニン」の分泌が中断されて脳を目覚めさせてしまうのです。脳が興奮状態になってしまうということです。

とくに携帯電話は目と画面の距離が近いため刺激量は大きく、覚醒度も高まるので注意しなければなりません。スマホが手放せない人は多いのですが、注意しないと睡眠の質がどんどん下がってしまいます。

-快眠の条件

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

専門医

最終的にどうしても眠れないのなら専門医を受診する

専門医 睡眠薬はドラッグストアーでも手軽に手にはいるけれどまずは専門医を受診 テレビCMでもおなじみの日本初の睡眠改善薬「ドリエル」が発売と同時に話題となったのももう10年以上前になります。当時は、ま …

就寝前の過ごし方

就寝前の行動が快眠への重要なポイントになる

就寝前の過ごし方 就寝前1時間は刺激物はNG 快眠のためにはいかに就寝前に心身をリラックスできるかが大きなポイントになりますが、、もっと突きつめていくと、寝る1時間前の過ごし方が大事になります。 布団 …

昼間の睡魔

昼間の強烈な睡魔について

昼間の睡魔 生体リズムによって起こる「午後の眠気」はやむを得ない l日24時間の周期で、生体リズムがあります。これは、宇宙のリズムそのものです。そのリズムを基礎にして睡眠と覚醒、ホルモンの分泌量、体温 …

お酒

寝酒はNG

お酒 寝酒は快眠とは逆の作用として働く アルコールを飲まないと入眠できない人は多いものです。そして習慣化してしまうとお酒を飲まないと寝られないと思い込んでしまうケースが多いのも現状です。 たしかにアル …

集中力

お昼の後の仮眠は15~20分程度がベスト

集中力 昼寝をすると集中力が格段にアップ 昼寝は、ぐっすりと深く眠るより、目覚めてすぐに高いパフォーマンスで仕事や勉強ができないと意味がありません。昼の10 分の仮眠は、夜の 時間の睡眠に相当するとい …